人気の韓国語をマスターする TOP > コンテンツ一覧 > 韓国語に日常生活に取り入れる

韓国語に日常生活に取り入れる

韓国語を新たに勉強しようと思ったら、なるべくなら日頃から身近なものとして少しずつ触れるようにしましょう。
とにかく始めの内は苦手意識ばかりが働いてしまうかもしれませんが、苦手意識から克服する為には日頃から韓国語に馴れておいて、日常の当たり前の存在にすることからです。

基礎となるハングル語をマスターしたら、単語を覚えるようにしましょう。
古典的な方法ですが、単語帳はとても有効的です。
表面に韓国語を書いておいて、裏面に日本語訳を書いて、手持ち無沙汰になりやすい通勤電車で何度も繰り返し見続けることです。
一通り単語帳に記載されている単語を読み終えたら裏から逆に読み返して、日本語の意味を元に韓国語を当てるようにすると身に付く速度もグンと上がります。

また、日頃から目につく所に韓国語のメモを貼っておくといいです。
「ありがとう」、「おはよう」のようなカンタンな単語を数語ほどパソコンや机に張って置き、イヤでも目に入るような環境を作っておくのです。
そして1日のどこかで、書いてある単語を声に出して読み上げるようにするなどしておくと更にいいでしょう。

読めるようになったらどんどん難易度の高い単語に変えるようにしてみましょう。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 人気の韓国語をマスターする All Rights Reserved.