人気の韓国語をマスターする TOP > コンテンツ一覧 > 韓国語は日本語に近い外国語

韓国語は日本語に近い外国語

日本人の中で韓国語を勉強する方が多いのは、日本語に近い外国語だからという意見もあります。
実は日本人にとって韓国語はかなり覚えやすいようになっています。ポイントとして発音が似ていることと文章の語順が同じであるということです。

発音が似ている単語はたくさんあるのですが、例として以下のようなものが挙げられます。
※カッコの中が韓国語の発音です。

・気分(キブン)
・計算(ケーサン)
・洗濯機(セータッキ)
・新聞(シンムン)

いかがでしょうか?これらの例を見てもかなり似ています。実際に韓国人が喋る言葉はそのままカタカナ読みで読むのとは少し違いがありますが、よく聞いているとかなり似ています。

そして文章の語順ですが、日本の場合は主語>修飾語>動詞の順になっています。
たとえば英語の場合ですと主語>動詞>修飾語になるので文章の語順が変わってしまい、馴れるまでは少々ややこしくなります。
ただし、韓国語の場合は日本語と同じように主語>修飾語>動詞の順ですので、まったく同じなのです。
そのため、単語さえ覚えれば言葉のつぎはぎはとてもカンタンになります。
これが韓国語の親しみやすさの一つとも言われています。こう考えると勉強のしやすい外国語というのがよく分かります。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 人気の韓国語をマスターする All Rights Reserved.