韓国語を覚える為の学習法

ハングル語を文字としてを一度は見たことがあると思いますが、ハングル語は非常に難しく覚えにくい形状をしています。
ローマ字は私たちが日本にいながら慣れ親しんでいるので、読みやすくはなっていますが、ハングル語は勉強する機会がないとなかなか読めるものではありません。
これから韓国語の勉強を頑張ろうと思っても、ハングル語を文字として見てしまうと苦手意識が働いて諦めてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、せっかく始めようと頑張るものであれば、そんなことでつまづいてしまっては悲しいですよね。
そこでまず、ハングル語に親しむ所から始めましょう。ハングル語は日本語と違って漢字やカタカナ、ひらがなという概念がありませんし、ハングル語と日本語の共通している部分は母音+子音という構成でできています。
実は結構仕組みとしてはシンプルなので、むしろ日本語よりも覚えやすくできています。

インターネットではハングル表記表と呼ばれるものがあります。そういったハングル語の資料を元に、身の回りにあるものを韓国語へ書き換えて、1日に5単語ずつ覚えるなど少しずつハングル語を覚える習慣を作ってみましょう。
ちょっとずつ覚えることでハングル語の特徴を抑えやすくなります。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 人気の韓国語をマスターする All Rights Reserved.